STUDIO-4D OFFICIAL PORTFOLIO WEBSITE VER. 4.1.0

3コマ打ちシミュレーターをつくってみた

4月から始めた仕事場で、アニメーションの作業をさせていただいているところだが、
その中で、CGアニメで使用される「3コマ打ち」という手法を勉強中で、
コレは、CGをアニメっぽく見せるために、同じ絵を3コマずつ撮影するというものなのだが、
3コマずつのフレーム数をいちいち数えるのが面倒なので、自動で計算するガジェットをつくってみた

上部のボタンで”リセット”と、”2コマ””3コマ””4コマ””5コマ”打ち の切り替えを行い、
任意の場所に数字を入力すると、そこから上部ボタンで指定しているコマ数ずつの値が新たに挿入される
※ 音が出るので要注意

“アニメーションだけには手を出さない”…そう思っていた時期がオレにもあったが、
今後、”モデリング”と”開発”の仕事に就くためにも、アニメーションもがんばって勉強していこう
次は…タイムシートと呼ばれる指示書きに基づく作業を簡単にするガジェットをつくるゾっ

同級生の古くからの友人が、もうすぐ40歳の誕生日を迎える…
そうなのだ、オレってもう40歳の年なのだ…とにかく出来ることを地道にがんばりばす

Leave a Reply